床による内装デザイン

飲食や美容系の店舗を開業しようと考えている皆さんは床材はお決まりですか?今回は床材の種類、特徴について知り今後に生かしていきましょう。

飲食や美容系の内装デザインにおいて床はお客様が見るポイントの一つとなります。壁と同様に普通のタイルとかだと来たお客様ががっかりします。
そのため、飲食や美容系の店舗でもそれらにもこだわりを持ってどのような内装デザインだとお客様が喜んでくれるのかを考えよう。

それらには複合と無垢のフローリング内装デザインがある。複合フローリングは2層以上の層を持つものを言います。伸縮が置きにくく、メンテナンスが楽なところがメリットとなっています。マンションや集合住宅,2階建ての飲食店・美容院などでよく使われています。
無垢フローリングは単層フローリングと呼ばれ木の本質を感じることが出来、足触りが良く温かみもあります。一軒家でカーペットの床などがその一例です。木材を利用する人も増えてきたが年数がたつことに色が劣化していきます。3~5年後で色が変化するためタイルを利用する人が多い。
タイルだと掃除もしやすいが雨の日などでは滑りやすくなり怪我の原因となります。そこで、飲食や美容系で内装デザインの素材としてヒキ板フローリングがあります。

鋸で厚さ2㎜の板にし、合板に接着させたものである。表面に厚みがあり、無垢の品質を高めることが出来るものとなっています。飲食や美容系での内装デザインを考えている方。
選ぶときに気をつけるべきポイントとしては、お客様の安全を意識したものを選ぶことをお勧めします。飲食や美容系の内装デザインにおいて雨の日でも雪の日でもお客様が歩いても大丈夫なように考えて行うことが重要であると思います。