床・素材の内装デザイン

床のフローリングには無垢と複合があります。
無垢フローリングは木の本質を現すためのもので素足で楽しみたい方には最適な床材となっています。現在、飲食や美容系の内装デザインにおいて注目を集めており居酒屋や新しい美容院などでは木材を使ったものが多く使われている。しかし、飲食や美容系の内装デザインを行ったとしても傷がつきやすいし、温度や湿度によって変化するので問題を知っておく必要がある。
次に複合フローリングですがこれは2層以上を持つフローリングを言います。一般的に言えば、都会のほうにある飲食店や美容院などが1階と2階にお店を構えていることである。このようにひとつの部屋だけではない店舗または家のことをあらわしている。

大きな特徴として飲食店や美容院それぞれ別々の部屋で違ったものにすることが出来、違った雰囲気を味わうことも出来る。飲食や美容系などの内装デザインにおいて一部分を木材にしてそれ以外をタイルにするやり方も可能であるため手入れがらく。

それらの素材として一番多く利用されているのは木,石,コンクリートである。木やコンクリートを使ったものが多い。飲食店で居酒屋なども床を木にして歩きやすくしている。

石を使った内装デザインは少ないが田舎などで使われていることが多い。田舎の美術館などでは木を使うより石を使った内装デザインのほうが落ち着きを表せる。飲食や美容系の店舗でも石を使った内装デザインについて玄関や水がはねる場所なので使われていることが多い。

床のフローリングはお客様のイメージを作り上げることが出来る。素材によって来てくれる年代層が変わってきます。しかし、反対に床の素材は来てくれる年代層を決めることが出来る。開業を考えている人は素材にこだわりどのようなお客様に来てもらうかが重要です。